オールドミルクガラス

 



オールドミルクガラス 見出し
 

オールドミルクガラスとは?


ガラスといえば一般的には透明のものをイメージしますが、「ミルクガラス」は、ガラスにミルクを薄めたような「乳白色」を練りこんだ食器となります。 アメリカのさまざまなガラス食器メーカーで、1940年代〜1970年代後半まで製造、1960年代は全盛期となりました。ミルクガラス代表アンカーホッキング社が誇る「ファイヤーキング」ブランド全盛期の頃は、1000以上の型で、年間100万個以上のマグカップが生み出されました。 「ミルクガラス」は、その半透明のガラスに厚みのある柔らかい風合いが特徴です。飲み物を入れると透けて見えるマグカップや、アメリカンフードを楽しめるプレートなど、当時より頑丈に製造され、沢山の家庭やレストラン、ダイナー、カフェ、教会で実際に使われてきました。現在、そのミルクガラスの魅力である、懐かしくも美しい形でどこか新鮮、しかも今も使える丈夫な食器として集約され、アメリカ・日本をはじめファンに愛され続けられています。 歴史の短いアメリカンアンティークの中でもひときわ人気を誇る雑貨「ミルクガラス」は、年々、希少価値が上がり、現在では高値で取り引きされるようになりました。当時アメリカで大量生産され、スーパー等でも気軽に買えてましたが、製造終了してからは知らず間に月日が流れております。当時のものを見つけたミルクガラス食器は、次はいつ出会えるかの1点ものとして取り扱われています。

そんな魅力がいっぱい詰まった「ミルクガラス」を、もう少し手軽にをコンセプトに立ち上げたのが、メイド・イン・ジャパン「オールドミルクガラス」となります。当時、ファイヤーキングの企画や生産に実際に携わったアメリカのスタッフと、日本の熟練したガラス職人さんたちとチームを組み誕生しました。その第一弾は、ジェード、ターコイズ、ミルクホワイト、そして幻と呼ばれるほどに希少性の高いピンクを含め4色のタンブラーとマグカップ他、日本初の和テイストミルクガラスも登場します。その後、アメリカンポップなプリントやキャラクターもの、企業ものも展開していきます。


 
オールドミルクガラス 刻印 Made in Japan

タンブラー底面のOlde Milk Glassの刻印





▼タンブラー 無地 (ミルクホワイト・ピンク・ターコイズ・ジェード)

オールドミルクガラス ティーハウスタンブラー



▼タンブラー オリジナル ロゴプリント

オールドミルクガラス ティーハウスタンブラー



▼マグカップ ミルクホワイト 分厚くヘビーなマグカップです

オールドミルクガラス オールドダイナーマグ



▼マグカップ ジェード 分厚くヘビーなマグカップです

オールドミルクガラス オールドダイナーマグ


タンブラー、マグカップともに、ロゴプリントと無地の両方を展開します。カラーはそれぞれミルクホワイト、ピンク、ターコイズ、ジェードの4色です。




オールドミルクガラス 見出し

ミルクガラスは、16世紀にベネチアで作られたと言われております。当時は、骨灰をいれて乳白色を表現していたようです。その後1900年代より、アメリカにおいて、マッキーやジャネット、ヘーゼルアトラス、フェデラルそしてアンカーホッキングのファイヤーキングが大量に生産されミルクガラスの人気が全米に拡大されていきました。しかし重く生産効率の悪いミルクガラスは次第に忘れられ1970年代にはアメリカにおいては、一部の小規模ガラスメーカーを除いては生産が終了し、現在においては、当時生産されていた製品のデッドストックや中古品がヴィンテージ商品として、アメリカや日本でコレクターアイテムとして高い人気を保持しています。


 
オールドミルクガラス





オールドミルクガラス 見出し

オールドミルクガラス 魅力1
ミルクガラスの魅力は、何と言ってもそのやさしい乳白色ベースの色です。一番人気はジェダイ(Jadeite)と呼ばれる翡翠色。マッキー社により最初にJadaiteが作られその後Fire-KingのJade-iteが大量に生産され現在コレクターの中でも最も人気の高い色となっています。Olde Milk Glassではジェードと表現しています。


 
▼ジェードのタンブラー

オールドミルクガラス ティーハウスタンブラー




そして今回特に注目すべき色が、ピンク(ローズ)です。現在のコレクター市場ではまさに幻的な存在。白にピンクを後から吹き付けたものは、流通をしていますが、ピンク色を練りこんだものはほとんど流通しておらず、運よく見つけたとしても価格は数万円から数十万円となっています。今回私たちは、そのピンク(ローズ)を数十回の試作の後に実現しました。

 
▼幻的存在のピンクのタンブラー

オールドミルクガラス ティーハウスタンブラー




オールドミルクガラス 魅力2
中の飲み物がやさしく透けて見える微妙な透け感。

 
オールドミルクガラス ティーハウスタンブラー




オールドミルクガラス 魅力3
手にずっしりと感じる確かな質量感と、レトロでぼってりとしたフォルム。そしてハンドメイドのために、一つ一つが微妙に違った色合い。


【 サイズ 】

■タンブラー 高さ:123mm 上口幅:83mm 重量:約350g 材質:ガラス

■マグカップ 高さ:90mm 上口幅:85mm 重量:約340g 材質:ガラス


 
オールドミルクガラス

オールドミルクガラス

オールドミルクガラス

※グレーとベージュはサンプルです。




オールドミルクガラス 見出し

ヴィンテージ市場で、圧倒的な人気を誇る、Fire Kingの企画や生産に当時携わっていたMr.Michael D.Shookと日本の熟練のガラス職人のみなさんと、そして設立者の私とスタッフで強力なチームをつくり、日本から発信するオリジナルで新しいミルクガラスのブランド "Olde Milk Glass" を誕生させました。

 
ファイヤーキング Mr.Michael D.Shook
The Olde Milk-glass company has successfully reproduced rose, jadeite green and milk-white glass. This is the first time in nearly 50 years since anyone has attempted to manufacture these beautiful colors. The quality is excellent. Very good retro designs to add to your collection or to use everyday.

Mr.Michael D.Shook



オールドミルクガラス

オールドミルクガラス

オールドミルクガラス

マグカップの底面のOlde Milk Glassの刻印




オールドミルクガラス 見出し


 


ガラス製造会社(日本の熟練したガラス職人さんたち)


日本製ハンドメイドミルクガラスは、ヴィンテージと違った温かみがあり、また職人さんによる仕上がりのクオリティが高いです。手作りのため1つ1つ個性が異なるのも味わいです。 プレス式、スピン式で仕上がったタンブラーをはじめ、これから展開していくオールドミルクガラスブランドのキッチンアイテムで、ぜひ食卓を彩ってください。
 



オールドミルクガラス 見出し

 
オールドミルクガラス 実用例

オールドミルクガラス 実用例

オールドミルクガラス 実用例

オールドミルクガラス 実用例




オールドミルクガラス 見出し


オールドミルクガラス

使用上の注意点を教えてください

オールドミルクガラス

非常に分厚く頑丈に作っていますが耐熱ガラスではありませんので電子レンジでの使用、オーブン、直火でのご使用はお避け下さい。


オールドミルクガラス

温かい飲み物は飲めますか?

オールドミルクガラス

冷蔵庫や冷凍庫に入れて非常に冷えたタンブラーに熱湯をそそぐような急激な温度差を伴わいない、通常の室温において80-90度のコーヒーなどは大丈夫です。



オールドミルクガラス

一つ一つの重さや色合いに違いがありますか?

オールドミルクガラス

画一的な大量生産ではなく、職人の手作りになります。重さ、色合いシワの入り具合に微妙に一つ一つが違います。あなただけのやさしいミルクガラスをお楽しみください。



 
オールドミルクガラス ハンドメイドによる色合い、シワの入り具合






お取り扱い注意

・耐熱ガラスではありませんが、熱いお湯を注ぐのはOKです。ヴィンテージミルクガラスと同様のお取り扱いをお薦めします。
・電子レンジ・食器洗浄器の使用は不可です。
・冷蔵庫にあったタンブラーに、急に熱いお湯を注ぐなど、急激な温度差を伴う使用は厳禁です。


ミルクガラスの特徴

ハンドメイドによるミルクガラスの調合のために、独特の色の自然なムラ、ホワイトスポットやしわ、曇り、ライン、熔解したガラスを金型に流し込む作業の際に、鋏跡等が発生することがあります。すべてミルクガラス及びハンドメイドの持つ特徴です。1つ1つ違った個性があるマグとなります。


ヴィンテージミルクガラスと復刻ミルクガラスの違い

ヴィンテージミルクガラス(アメリカ製)に比べ、復刻ミルクガラス(日本製・ハンドメイド)は、透明度が低くなっております。また、ヴィンテージは大量生産で多少荒削りな面が時代を感じ、それに比べ復刻版は、1つ1つ日本のガラス職人さんにより作られ、バリなど無くとても滑らかな仕上がりです。時代を超えてアメリカから日本へやってきたミルクガラス食器。レトロでアジのあるヴィンテージミルクガラスと、現在の魅力的な技が光る復刻ミルクガラス、この違いも是非お楽しみ下さい。


熱衝撃テスト結果について

2009年からミルクガラスの復刻生産に取り組んできました。その中でも大きな課題が耐熱性を向上させる事でした。試作や生産する毎にテストに挑戦してきましたが2015年までは90度から100度の温度差の熱衝撃で製品に破損及び異常をきたしていました。今回新しい調合でオールドミルクガラスのマグカップの熱衝撃テストを公的な機関で実施を致しました。ジェードとミルクホワイトのマグカップです。2016年からオールドミルクガラスとして新しい調合でミルクガラスの生産をはじめて今回ようやく熱衝撃のテスト出来る段階まで到達致しました。2009年から2015年の調合では達しなかった120度の温度差の熱衝撃にもオールドミルクガラスとしてはクリアーしてジェードは140度の温度差でも問題ありませんでした。飛躍的に耐熱性が向上している一つの証左です。これに甘んじることなく更に耐熱性を向上して行く様に努力して行きたいと思います。

 
熱衝撃テスト結果について

(注)オールドミルクガラスは現時点時於いては耐熱ガラスとしての販売はしておりません。
オールドミルクガラス株式会社